PHP バージョンをあげてみよう

既存のPHPのバージョンをあげるには

以前、VPSにWordPressをインストールして、サイトを立ち上げる方法を記事にしました。

VPSというのは、virtual private server の頭文字をとったものです。
日本語だと 仮想専用サーバという事になります。

自分で一から構築するため、設置者がなにもしないと、ある日、こんな表示が来たりします。

そこで、PHPのバージョンをあげてみる事にします。

ただ、この説明はVPSで行っているもので、例えばエックスサーバーなど、レンタルのサーバーでは必ずしもこの通りに出来るわけではありませんので、ご了承ください。

現在のPHPを削除する

まずは、現在のPHPを削除します。

VPSでは yum -y install コマンドでPHPを導入しましたから、同じyumコマンドのremoveを使用し、phpをごっそり削除します。

# yum remove php*

この結果、サーバーからはPHPが削除されます。

phpMyAdminも同時に削除されます。

新バージョンのPHPをインストールする。

削除が完了したら、新しいバージョンのPHPをインストールします。

# yum -y install --enablerepo=remi,remi-php74 php php-mbstring php-xml php-xmlrpc php-gd php-pdo php-pecl-mcrypt php-mysqlnd php-pecl-mysql

php72だった部分がphp74になっているほかは、すべて同じです。

# systemctl restart httpd

新PHPをインストールしたら、httpdを再起動しておきます。

phpMyAdminが必要な場合も、72だった部分を74に変更してインストールしなおします。

# yum --enablerepo=remi -y install php74-php-mysql
# yum --enablerepo=remi -y install php74-php-mcrypt
# yum --enablerepo=remi-php74 update
# yum --enablerepo=remi-php74 install phpmyadmin

もちろん、一度削除されてしまったため、設定は残っていません。

エイリアスを変更し、他ホストから使用できる設定を追加しておきます。

# vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf
 
#Alias /phpMyAdmin /usr/share/phpMyAdmin ← #挿入してコメントアウト
#Alias /phpmyadmin /usr/share/phpMyAdmin ← #挿入してコメントアウト
Alias /hogehoge /usr/share/phpMyAdmin
 
<Directory /usr/share/phpMyAdmin/>
   AddDefaultCharset UTF-8
   <IfModule mod_authz_core.c>
     # Apache 2.4
     <RequireAny>
       Require ip 127.0.0.1
       Require ip ::1
       Require all granted ← 追加
     </RequireAny>
   </IfModule>
   <IfModule !mod_authz_core.c>
     # Apache 2.2
     Order Deny,Allow
     Deny from All
     Allow from 127.0.0.1
     Allow from All ← 追加
     Allow from ::1
   </IfModule>
</Directory>
 
# systemctl restart httpd

こちらを実施した結果、WordPressのダッシュボードのヘルスチェックに、PHPを更新するように促す表示は消えました。

今後も、状況により、PHPなどをバージョンアップしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です