OSを選択して入れ替える

コンピュータに合ったOSを選ぶ

パソコン、つまりコンピュータは、基本的にOS(Operating System):オペレーティングシステムが入っていないと動きません。

OSは、操作する人間と、機械であるコンピュータの間でそれぞれが動きやすいように通訳や仲介をしている基本ソフトなので、機械側に完全に合わせられる人間でもない限り、OSなしにコンピュータを使うことは難しいです。

そのOSにはかなりの種類がありますが、非常に大まかなくくりでは、Windows 系とUNIX系に大別されます。

Windowsは、Microsoftが出しているOS で、パソコンを買ったときにはインストールされていることが多いため、一般の方にも馴染みがあるかと思います。

一方のUNIXは、あまり聞いたことがないという方も多いでしょうが、サーバーなど、直接目に触れない部分で使用されている事が多く、非常に重要なOSです。

ちなみに、UNIXよりは聞いたことがあるかもしれない、Linux(リナックス)はUNIXの仲間になります。

Windows とLinuxはどっちが良いのか?

時々、この手の質問をされることがあります。

この質問は、一般的な例えで言うと、「カレーライスと、ラーメンはどっちがお昼ご飯に良いか?」と聞いているようなものなので、回答としては、「その場その場で臨機応変」になります。

まず、Windows 系OSは非常にわかりやすく、95や98だった頃は不安定な要素もありましたが、最近の10などは安定性もよくなり、性能的にも満足のいくものです。

Windows に合うアプリケーションも多いため、Windowsを選んで後悔することは、ほとんどないでしょう。

ただし欠点として、一企業の製品であるためすべて有償なうえ、OSとしてはコンピュータの力を多く使用するため、いわゆる「重い」OSになります。

下位互換性も低く、新バージョンでは古いハードウェアへの対応が切られてしまう事もあり、必ず、ではありませんが、5年以上前のパソコンに導入すると動作が遅かったり、場合によっては動かないことがあります。

一方のUNIXは、多少良くなったとはいえ、時折、原因不明の不具合を起こしたり、更新の際に再起動を必要とするWindows とは比較にならないほど安定して動作します。

電源投入から一度も再起動せず、1年間動き続けるなど、UNIX系には「当たり前」な程です。

また、Linux などは無料で取得することができるうえ、Windows 比べてOSとしてはコンピューターの力を使わない「軽い」OSのため、少々古いパソコンでも比較的快適に動作します。

Linuxの中には、Windows に似たグラフィカルな操作が基本のものもありますので、古いパソコンにLinux を入れて復活させることも可能です。

蛇足ですが、Apple社のMacintoshのOSや、スマートフォンのAndroidも、ベースにUNIX系を使ったOSなので、大きな仲間としてはUNIX系になります。

中古ハードに合ったOSの選択例

ネットオークションで、このようなサーバー機を購入しました。

DELL社製のサーバー、PowerEdge T110 IIになります。2011年ころの発売ですから、もう初販からは10年近く経ついわば古参機です。

おそらくは、どこかの会社でサーバーに使用されていた機器が、リースの終了や、新しい機材の購入で不要になり、中古屋へ売却されたものと思われます。

写真を見ると、ハードディスクが2つ入っていて、そのケーブルがマザーボード本体ではなく、そこに刺さっているボードに繋がっています。

これは、このサーバーが「RAID」(レイド)という技術を使用していて、かつ、そのRAIDを「ハードウェア」で実現している事になります。

RAIDとは?

コンピュータの記憶装置であるハードディスクや、SSDなどのストレージは、普通、パソコンに1台が搭載されています。

しかし、もし何かのトラブルで、そのストレージが壊れてしまったら、どうしましょう?

あなたが作ったデータは、あなたの元にしかありません。
もし、あなたのパソコンのストレージが故障してデータが喪失した場合、取り返す手段はほぼありません。

ここで、冷徹なことを言いますが、あなたのデータが無くなっても、困るのはあなたか、あなたの周辺だけです。

ただ、企業のサーバーとなると、故障でデータが失われると、損害の範囲が膨大になります。

2020年に発生した、東京証券取引所のシステム障害ほどではなくても、かなりの範囲に及ぶことがあります。

このため、例えば2つの同型ストレージに同時に同じデータを書いておき、万一、ストレージが障害で失われても、もう片方からデータを取り出せるようにするのが、RAID、正確にはRAID 1となります。

インストールの実例

さて、このRAID搭載のサーバー機には、Windows Serverの2008がインストールされていましたが、2008はとっくにサポートが切れているので、CentOSをインストールすることにします。

起動させると、SAS(Serial Attached SCSI)のコントローラーが立ち上がります。

インストールされていたWindows Server2008を立ち上げると、メモリが16GBあり、ディスクは約1TBのが「一つ」あるのがわかります。

解体したときは、ハードディスクは2台でしたが、それをOSには1台と認識させ、両方のディスクに同じデータを書き込むRAID 1の構成であることがわかります。

CentOS8にドライバがない

そこで、CentOSのインストーラーを設定したUSBメモリで起動し、インストールのための設定に入ります。

ところが、設定を進行させると、インストール先が変です。

開いてみると、ディスク容量が14GBしかありません。

調べてみると、このPowerEdge T110 IIに搭載されている、先ほどのSASコントローラーを動作させるプログラムである「ドライバー」が、CentOSの新しいものに搭載されていないことがわかりました。

windows が旧来のハードを見限って、ドライバーを外すのは見たことがありますが、Linuxでは珍しい例です。

方法としては、SASコントローラーのドライバーを探すか、ドライバーが提供されているOSを選択するかの何れかになります。

今回は、特にCentOSでなくてはならない事情がなかったため、別のLinuxを試してみることにしました。

Ubuntuを試してみる

Ubuntuを試します。

Ubuntuは、Debian というLinuxディストリビューションを母体につくられた、Linux系のOSです。

使いやすさで定評があり、古めのノートパソコンなどに導入しても使用できるなど、用途が広いです。

もちろん、Linux系なのでサーバーとしても非常に強固・堅牢で、細かい違いはあるものの、CentOSと同じように使用できます。

こちらのインストーラーを使用したところ、ディスクに関する警告は発生しませんでした。

このように、「何に使用するか」と、機械側のハードウェアにあわせ、OSを選択する事が大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です