PHPでデータベース操作

PHPでデータベースに問い合わせる

通販会社に限った事ではないとは思いますが、ネットを使って情報をやりとりする事が多くあり、それに対応した事もあります。

ネットでのファイルのやりとりといえば、最近、情報の漏洩で話題になった宅ファイル便ですが、会員になる必要もあり、また、メーカーさんにもいろいろありますので、必ずしも使いこなせるとは限りません。
中には、インターネットと殆ど接点の無いメーカーさんも居ますので、メールですらあまり使った事が無いというところもあります。

しかも、メールでの送付は送れるファイルの量に限界があったり、誤送信したりと問題があります。
まさか自社が通販会社と契約して、何枚も写真を送らなくてはならなくなるとは思いもよらず、添付ファイルの容量が最低で、画像が送れないというところもありました。

そこで、PHPを使ってファイルをやりとりするツールを作成した事があります。
プログラムをそのまま公開する事は、退職したとはいえ守秘の関係でまずいので、かなり手を加えました。
また、デザインの部分は持ってくるのは不味いので除去したため、あまり見目はよくないのが欠点です。

PHPとは

Hypertext Preprocessor を再帰的に略して、PHPと呼ばれるというのはウィキペディアの説明ですが、これではなにがなんだか判りません。
簡単に言ってしまうと、WEBページを作る段階で動くプログラムです。

例として、ページを表示したとき、現時刻を表示するにはどうしましょう?
もし、固定のHTMLでやったら、書いた時点の時刻で固定されてしまいます。

<!doctype html>
<html>
<head>
<meta charset="utf-8">
<title>無題ドキュメント</title>
</head>

<body>
<?php
  print ('<p>只今、');
  $date = new DateTime('now');
  print ($date->format('Y年m月d日 H時i分s秒'));
  print ('</p>');
?>

</body>
</html>

と、WEBページの中にプログラムを埋め込みます。
この記述を、.htmlではなく、.phpとして保存し、WEBブラウザからその.phpを呼び出すと、

このように、現在時刻の部分をシステムから呼び出し、HTML内へ挿入できます。
結果、いつこのphpファイルを表示しても、必ずそのときの日時になります。

phpの良い点は、HTMLの中に簡単に挿入する事ができ、表示されるのはPHPが動いた結果なので、どんなプログラムで動いているのかか隠蔽できるところです。

PHPは、プログラムなので、データベースに接続して、データを引き出し、それを表示するようにもできます。

	$host = '[データベースサーバーlocalhostなど]';
	$dbName = '[データベースの名前]';
	$charset = 'utf8';
	$user = '[ユーザー名]';
	$password ='[パスワード]';

	// 定数を設定
	define('DSN', "mysql:host=$host;dbname=$dbName;charset=$charset");
	define('DB_USER', $user);
	define('DB_PWD', $password);

	$dbh = new PDO(DSN, DB_USER, DB_PWD);
	$dbh->query('SET NAMES utf8')

	$sql = 'SELECT `mold_serial`, `repair_date`, `repair_content`, `last_Modified` FROM `repair_history` WHERE `repair_serial`= ?;';
	$stmt = $dbh->prepare($sql);
	$data[]=$repair_serial;
	$stmt->execute($data);
	$dbh=null;
	$data=array();

	$rec=$stmt->fetch(PDO::FETCH_ASSOC);
	if($rec != false)
	{
            テーブル`repair_history`から、repair_serialに該当するデータがヒットした場合、ここでデータをHTMに並べる。
            データがある場合は、その数だけ回ります(例:10件見つかった10回)
	}
	else
	{
       データが無い時のHTMLを記述
	}


このようにすれば、データベースサーバーに問い合わせに行き、結果を表示する事も可能です。
もちろん、データを挿入する事や、修正についても、INSERT、UpdateのSQLを組んで、PDOで接続したデータベースに送信する事で、実現できます。

こちらで動作中です。

このWEBアプリは、おもにこの本を参考にして作成しました。

【送料無料】 気づけばプロ並みPHP 改訂版–ゼロから作れる人になる! / 谷藤賢一 【本】

created by Rinker
¥2,916 (2019/05/24 16:18:27時点 楽天市場調べ-詳細)

動作させると、このようにイメージを格納場所などとともに表示してくれます。

画像を新規登録する場合は、

新規登録の画面から登録できます。
この際、HTMLですので、JavaScriptを組み込めますから、画像をドロップする要素として、jQueryで、

// JavaScript Document
$(function(){
  /*================================================
    ファイルをドロップした時の処理
  =================================================*/
  $('#drag-area').bind('drop', function(e){
    // デフォルトの挙動を停止
    e.preventDefault();
 
    // ファイル情報を取得
    var files = e.originalEvent.dataTransfer.files;
 
    uploadFiles(files);
 
  }).bind('dragenter', function(){
    // デフォルトの挙動を停止
    return false;
  }).bind('dragover', function(){
    // デフォルトの挙動を停止
    return false;
  });
 
  /*================================================
    ダミーボタンを押した時の処理
  =================================================*/
  $('#btn').click(function() {
    // ダミーボタンとinput[type="file"]を連動
    $('input[type="file"]').click();
  });
 
  $('input[type="file"]').change(function(){
    // ファイル情報を取得
    var files = this.files;
 
    uploadFiles(files);
  });
 
});
 
/*================================================
  アップロード処理
=================================================*/
function uploadFiles(files) {
  // FormDataオブジェクトを用意
  var fd = new FormData();
 
  // ファイルの個数を取得
  var filesLength = files.length;
 
  // ファイル情報を追加
  for (var i = 0; i < filesLength; i++) {
    alert(files[i]["name"]);
    fd.append("files[]", files[i]);
  }
 
  // Ajaxでアップロード処理をするファイルへ内容渡す
  $.ajax({
    url: 'mold _img_done.php',
    type: 'POST',
    data: fd,
	processData: false,
    contentType: false,
    success: function(data) {
      $("div#kekka").append(data);
    }
  });
}

という、画像がドロップされたり、ボタンを押した時の動作を決めています。

このように、PHPをつかってWEBアプリを組み、データを投入する補助にJavaScriptやjQueryを使って、機能を構築した事があります。

まだPHPのフレームワークは試していませんが、いずれ試してみたいとは思っています。

例えば、イントラネットで販売状況を管理したり、在庫チェックをしたりといろいろ使えると思いますので、ご相談いただけると幸いです。

ただ、「紙で見られないと」「Excelシートになっていないのは…」と、昭和のような事を言われてしまい、イントラWEBアプリを中止されてしまったのは、あまり笑えない思い出ではありますが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です